外反母趾や魚の目などの足と靴のトラブル解決いたします。

外反母趾の治療,魚の目の治療、タコの事ならフットケアコンフォートセンターへ
ご予約・お問い合せはフットケアコンフォートセンター 0120-164-0001

足と靴のトラブル


キャンペーン

矯正中敷とは

足と靴のトラブル

センターのご案内

アクセス&プロフィール

フットケア通信

クチコミのページ

お問い合わせ


無憂のブログ
あなたの足のお悩みはなんでしょう? まずは症状を知り原因を突き止めることが大切です。

あなたの足の痛みはどこにあるのでしょう?

足の悩みは、原因を取り除かないと解消されません。 当センターにお見えになる患者さんに多く見られる症状(外反母趾や魚の目など)を取り上げ、その特徴と原因を明らかにしてみましょう。


あなたに当てはまる症状をクリックしてみて下さい。
外反母趾!
親指あたりが痛い!
小指が痛い!
魚の目 たこ が痛い!
靴のサイズはぴったりなのに、なぜか痛い!
どんなに幅の広い靴を履いても痛い! 


イメージ写真
外反母趾と内反小趾

外反母趾は親指の骨の突起、内反小趾は小指の骨の突起です。
外反母趾はご存じの方が多いと思いますが、内反小趾は最近、若い人に多く見られるようになっています。

小指にタコ・魚の目が出来て痛い!
その様な人は、内反小趾症候群の可能性が大です。

外反母趾、内反小趾でお悩みの人々の多くは、ついつい大きめの靴を購入、または必要以上に幅を伸ばす等、靴の中で指が当たらないように対応されています。
しかし大き過ぎる靴、幅に余裕があり過ぎる靴は、決して良い結果につながりません。靴の中で足がローリングし、ますます症状を悪化させる原因にもなります。

ヒールの高い靴を履いていないのに外反母趾! 

そのようなお声をよく耳にします。

外反母趾、内反小趾は、靴だけの問題ではありません。

歩行の際、カカトを着地する力が弱く、カカトが左右にぶれ、中足骨や指先に必要以上に圧力が加わる。その圧力が指先の変形や痛みを引き起こし、ついには骨が飛び出してしまうのです。

外反母趾の症状の治療のために整形外科の診断をお受けになったのに、先天的な骨の異常が無いと診断され、担当医から幅の広い靴を履く事と、湿布・軟膏などを処方されたが、 (どうしても痛い!)

最後には
(手術を勧められたがそこまでの勇気はない!)
その様な人々が沢山いらっしゃいます。

決して諦めないで下さい。 矯正中敷を試してみませんか?

親指や小指の付け根に痛みを感じた時が、治療の最良のタイミングと考えてください。
骨の周りの筋肉が活性しているから痛みを伴うのです。骨が完全に突起し変形してしまうと、周りの筋肉は退化し、痛みを感じなくなります。

しかしアンバランスな歩行を続けることによって、今度は膝・腰に負担がかかり、色々な症状が発生します。

外反母趾が痛い!  

迷わず一度プロの検査をお勧めします。

お問い合わせはこちらから

このページの先頭へ移動します

タコ・魚の目

皮膚の特定の場所に過度の圧力が加わることによって、皮膚が角質化し硬くなってしまった状態がタコ。魚の目は、圧力の掛かる箇所の細胞が楔形に増殖してしまった状態です。

なぜ特定の箇所に過度の圧力が掛かってしまうか?

その原因は、歩行の際にカカトからアーチラインへの体重移動がスムーズに出来ず、足の外側から内側への反転運動が正常に行えていないからです。多くの場合、外側に体重が掛かり過ぎる状態になります。小指に圧力が掛かり、

どんな靴を履いても小指が痛い!

その状態を放置すると、小指に魚の目、また足裏の第三指(手で言うと中指)の付け根辺りにタコが出来ます。

これらの症状を改善してくれるのが、矯正中敷です。

当センターが皆様にご提案し、製作しております矯正中敷き(オーソティックス)は、インソールと違い、その人独自の足裏の形状に合わせて制作いたしますので、かかと、土ふまず、指先などの痛みを緩和し、治癒する為の中敷きです。

また、タコ・魚の目、マメの原因として(足と靴のずれ)も考えられます。

では、なぜ「ずれ」が起こるのでしょうか。

靴の内底とあなたの足裏の形状が合っていないからです。

この「ずれ」を解消してくれるのが、矯正中敷です。

矯正中敷によって「ずれ」が解消されると、痛みが消え、タコ・魚の目、マメを防止・軽減、また靴の変形もなくなります。

タコ・魚の目、マメをご自宅で何度もご自分で削られている方、市販のパット等で対処されている方、この問題を根本的に解決してみませんか?

お問い合わせはこちらから


即効性をお求めの方は、当センターのフスフレーゲをお勧め致します。


O脚やX脚

先天的と後天的と二つに分けられますが、多くの人は後天的O脚です。その原因は、カカト、そしてアーチの造作です。

 例えばアーチを支える靱帯が弱くなり、アーチが低下してくると、カカトの骨がまっすぐに保持されなくなり、外側に傾いてきます。そしてカカトの骨は、脚部の骨につながっており、傾くと脚部の骨をまっすぐに保持出来なくなり、O脚になってしまいます。

 このような足における様々な症状の原因はアンバランスな歩行にあり、歩行の乱れの原因は、足裏のバランスの乱れにあるのです。

この乱れを正しく導き、また靴の内底と足裏の形状を合わせ、歩行の乱れを引き起こさないために必要なベース、それが「矯正中敷」です。

当センターでは、歩行の乱れを直す為のウォーキングのご指導もしております。

足と靴でお悩みの方、特に外反母趾の方、その原因はどんな乱れにあるのか、まず「検査」を受診いたしましょう。 最良の治療方法をお教えいたします。

まずは、お電話かメールでご相談を!
このページの先頭へ移動します

どんなに幅の広い靴を履いても痛い

その原因は、歩行の時,親指部分に力が入りすぎているからです。

では、なぜ特定の箇所に過度の圧力が掛かってしまうのでしょうか?

その原因は、歩行の際にカカトからアーチラインへの体重移動がスムーズに出来ず、足の外側から内側への反転運動が正常に行えていないからです。
多くの場合、外側に体重が掛かり過ぎる状態になります。その為、小指に圧力が掛かり、

どんな靴を履いても小指が痛い!

となる可能性が出て来ます。

その状態を放置すると、小指に魚の目、また足裏の第三指(手で言うと中指)の付け根辺りにタコが出来ます。

この過度に力が入りすぎた親指部分の圧力を、アーチ、カカト部分に移行する事によって、痛みを軽減することが出来ます。

その歩き方を導いてくれるのが“矯正中敷”です。


靴のサイズはぴったりなのに、なぜか痛い

その原因は、歩いているうちに足が前にずれることにあります。 この「ずれ」は、タコ・魚の目、マメの原因となり、また靴を変形させます。

では、なぜ「ずれ」が起こるのでしょうか。

靴の内底とあなたの足裏の形状が合っていないからです。

外反母趾や内反小趾の原因もこの「ずれ」が考えられます。

この「ずれ」を解消し、あなたの足裏を靴にフィットさせるのが、矯正中敷です。

矯正中敷によって「ずれ」が解消されると、足の痛みが消え、タコ・魚の目、マメを防止・軽減し、快適な歩行が可能になります。

診断後写真
このカーブがあなたの足を
サポートしてくれます。
矯正中敷をパンプスに入れたところ
左足は挿入後、右足は挿入途中


足と靴のトラブル、お一人で悩まずにまずは、プロに相談してみませんか?

お気軽にお電話、またはメールでご相談下さい!
このページの先頭へ移動します


お問い合わせはこちらから

Copyright (C)2009 Foot Care Comfort Center. All rights reserved.